1. トップ
  2. 用途・テーマより選ぶ
  3. 返信用封筒

返信用封筒

返信用封筒
返信用封筒

返信用封筒

  • アンケートやご注文用紙を返信してもらうための封筒です
  • 注文数量 注文数量 100枚単位
    納期 納期 参考納期は各制作例に記載
    価格 価格 商品購入ページ内で自動見積り可
    データ作成 データ作成 お客様で作成/羽車で作成

羽車が提案する返信用封筒の特徴と仕様

紙素材について

  • 素材

    定形郵便としての発送費を抑えるには、軽くて透けにくいコニーカラーやクラフトなどの封筒がおすすめです。特にコニーカラーなど色付きの封筒は、他の郵便物との判別がしやすくなります。

    画像
    左上:HAGURUMA Basic プレインホワイト 100g
    左下:コニーカラー イエロー 85g
    中央上:HAGURUMA Basic ライナーグレイ 100g
    中央下:コニーカラー グリーン 85g
    右上:クラフト 85g
    右下:コニーカラー ブルー 85g

サイズ・かたちについて

返信用封筒は、発送する封筒と返信してもらいたい用紙のサイズからお選びください。
発送用封筒として角2封筒・長3封筒、返信用封筒として長3封筒・長4封筒をご用意しています。
※発送と返信に同じ長形封筒を使用する場合は、返信用封筒を三つ折加工することも可能です。(別途費用)

選べる印刷加工について

  • 選べる印刷加工

    オフセット印刷、デジタル印刷、ワンタッチテープ加工、折り加工(三つ折)など組み合わせてご注文いただけます。フタの部分にワンタッチテープ加工をしておけば、お客様の封入作業が楽になり、より高い回収率が期待できます。
    ※紙素材により一部対応できない印刷加工もございます。

    画像
    左上:オフセット印刷/右上:デジタル印刷
    左下:ワンタッチテープ加工/右下:折り加工(三つ折)

郵便料金を抑えるには

  • 選べる印刷加工

    お客様宛てに発送する封筒に返信用封筒を同封することで、回収率の大幅アップが期待できます。
    返信にかかるコストを少しでも抑えたい場合には、郵便局の「料金受取人払い制度」などのご利用をおすすめいたします。100通以上の発送で郵便局指定のマークを印字しておけば、返信された通数だけの支払いで済みます。(手数料が別途必要です)

    作成の手順

    最寄りの郵便局で承認番号と2年以内の差出有効期間、カスタマーバーコードを取得していただければ、羽車にて印刷させていただきます。
    受取人払いの承認番号を申請する際に、郵便局から封筒現物に宛先などを印字した校正用サンプルを要求される場合がございます。
    印字用データをご支給いただきましたら、プリンターを使用して印字を行うことが可能ですので、「色校正 デジタル印刷(返信用封筒承認番号申請用)」よりご依頼ください。

 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。