1. トップ
  2. 羽車について
  3. 環境に配慮した取り組み

環境に配慮した取り組み

環境に配慮した取り組み

人と環境に優しい持続可能なものづくり

1 森林認証紙・再生紙など環境に配慮した紙素材を使います

2 製造工程では人と環境に負荷のない溶剤を使います

3 環境問題を全社の取り組みテーマとして社員研修を通じ意識を高めます

紙素材について

紙素材について1

1.

私たちの主に使う紙素材は、「FSC®︎ 森林認証紙」(適切に管理された森林資源や責任をもって調達された原材料で作られたもの)または、「再生紙」・「非木材紙」を使っています。将来的には扱う紙全てが環境に配慮された紙であることを目標としています。
(FSC®︎ C143210)

紙素材について2

2.

製造途中において発生したロス紙はすべてリサイクルの原料となります。再生された紙の一部はは段ボールとして使用しています。使える余り紙は「0円ペーパー」としてお客様に提供し、販売できなくなった商品は「みつばちプログラム」として幼稚園や保育園に寄付しています。

製造現場を常に改善

製造現場を常に改善1

1.

印刷作業において厚生労働省が定める有機溶剤中毒予防規則の対象となる溶剤は使用しておりません。また中毒予防規則の対象となっていない有機溶剤についてはリスクアセスメントを行い、化学物質のリスクの可能性を検証し全員で共有しています。

製造現場を常に改善2

2.

オフセット印刷の刷版は、現像をしない版(完全無処理プレート)を使用しています。薬品を使わず廃液も出ない完全無処理版は、有処理の印刷版に比べて環境の負荷を低減しています。

製造現場を常に改善3

3.

環境マネジメント体制は2005年より環境省が策定した「エコアクション21」のガイドラインに基づいて取り組んでいます。CO2の排出量削減、廃棄物、排水量、歩留まり率向上など9項目について年に一度「CSR活動報告書」で社内・社外に開示しています。

品質管理と研修

品質と社員について1

1.

品質管理と環境問題を学ぶため毎年40名〜50名の社員が優良な同業社を訪れ、工場での取り組みを学ぶ研修の場を作っています。製造部社員80%がこのプログラムに参加しました。

品質と社員について2

2.

海外研修においては環境デザイン・ゴミ問題・フェアトレードなど循環型社会(サーキュラーエコノミー)を学ぶ研修を毎年実施しています。環境問題への意識を高め、商品開発や物づくりのあり方に反映させています。

品質と社員について3

3.

品質基準はISO9001を基本として事務局を中心に継続的な改善を実施しています。また製造部を小さなグループに分けて、環境改善・品質改善・生産性向上の取り組みを実施しています。

SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

社員から提案された取り組むべきSDGs課題を討議し、2020年より会社として、「働きがいも 経済成長も」「つくる責任 つかう責任」など7項目を実施することが決定しました。それぞれの取り組みは具体的数字をもって実行され、2020年11月に発行するCSR活動報告書にて開示します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。