1. トップ
  2. 羽車について
  3. 代表のブログ

代表のブログ

  • 久しぶりに東京へ出張
    人出が戻ったとは聞いていたものの
    新幹線もホテルも利用者は少ない印象
    これが新しい日常になるのでしょうか⋯

    先日 若手社員からのリクエストもあり
    「羽車の未来を考える」という会を開催しました

    会社の進む方向や将来像は?
    現状に満足しているか?
    不満なら何から変えていきたいか?
    年下の私たちがどのように上に働きかければ良いのか⋯⋯

    などが話し合われたとのこと
    若手社員による具体的な提言はまだですが
    定期開催することになりました

    会社には常に新しい視点が必要です
    凝り固まった考えでは次の時代に進めません
    ましてや今後は全く違った日常がやってくる

    会社の将来像をどのように描けばよいか
    「未来を考える会」にはそのヒントがありそうです

    ・・・・・・・・

    羽車の未来を考える会

    「同年代との意見交換はとても有意義」巽社員

  • 暑さは和らぎませんが気がつけばもう秋
    これほど時の経つのがはやい年はないですね

    先月リニューアルした箱・パッケージ事業
    おかげさまでお客様からの反応もよく
    これからの広がりが楽しみです

    レジ袋の有料化や脱プラの流れもあり
    パッケージに紙袋をという相談も多くいただきます

    紙が本当にエコかという議論はさておき
    ひとつ言えることはコロナ禍によって
    地球に優しい消費のあり方がより見直されているのだと思います

    昨年 社内で「SDGs研究メンバー」を発足させました
    まず理解を深め私たちに何ができるのかを話し合う
    来期方針に数値目標にして掲げようと動いています

    国連サミットが採択した持続可能な開発目標(SDGs)は
    地球規模で考える国際社会共通の課題です
    私たちが取り組むには各テーマが壮大でいて深遠
    安易に始めると迷走し目的と手段を混同しかねません

    SDGsだからということではなく
    以前から続けてきた人と環境に優しい取り組みの一環として
    SDGsを理解し経営に活用したいと思います 

    基本の考え方は
    10年後の未来から振り返った時に正しいと思える経営を。
    良い商品・良いサービスとは何かを常に考えていきます

    ・・・・・・・・・・・・

    写真はちょうど一年前ベトナム海外研修でのひとコマ
    来年からの海外研修再開を願いつつ

    環境への取り組み

  • 今月はじめ製造部の社員ひとりが感染しました

    社員のご家族が陽性となり本人も検査で判明という経緯です
    幸い本人もご家族にも大きな症状がなく
    保健所より特定された社内接触者も検査の結果は陰性
    現在は隔離期間を経ていつも通り出社しております

    発症の一報を受けまず全社員に伝えたことは
    会社は発症した本人を全力でサポートするということ
    いろんな不安に対して安心してもらいたい
    それがまず大切だと思いました

    幸い風邪のような症状もなくいたって健康で
    元気に仕事復帰することができました

    休み期間中は辛くて心が折れそうなこともあったが
    同僚の皆さんからの励ましもあって乗り越えれました
    と報告がありました
    嬉しい報告でした

    予防対策をきっちりとしていた人でも
    感染するときはウイルスには感染する
    コロナウイルスは思っている以上に身近にあります

    日々の消毒やマスク着用 一定距離を保つなど
    ひきつづき十分な感染対策をとり事業を進めてまいります

    ・・・・・・・・・・・

    写真はカード縁にカラーリングするエッジカラー

    社員がコロナウイルスに感染

    21色より選択が可能です

  • 仕事が終わってから翌日始業までの休息時間
    そのインターバルを一定時間以上を確保する
    「勤務間インターバル制度」を10月より始めます

    働き方改革関連法に基づき
    努力義務として昨年4月に厚労省より規定されました
    ちなみにヨーロッパでは11時間以上と義務化されています

    7月当社の現状を調べると
    10時間すら確保できていない日がありました

    ウェブサイトのリニューアル前
    新商品の発売前のための準備
    特定機械に偏った商品の受注時

    このような時にそれに携わる社員の長時間残業が発生
    結果 インターバル時間が短くなっています
    個人の能力に頼っている業務がいかに多いかと痛感

    乗り越えるべき課題は多々ありますが
    仕事と生活の調和 心身の健康のため
    まずは11時間を目標にしてスタートさせます


    ・・・・・

    写真は今月よりサービス内容を広げたパッケージ事業

    勤務間インターバル制度

    勤務間インターバル制度

    キャラメル型ボックスや三角形の箱など提案をしていきます


      

  • 社内間での情報共有を目的に
    四半期ミーティングを始めました

    四半期ミーティング「Beehive Meeting」

    緊急事態宣言発令から3ヶ月
    コロナ禍で会社が被ったさまざまな影響と
    今後の進む方向についてスライドを使って説明

    このような不安定な時期だからこそ
    全社員に対し現状とこれからを丁寧に伝えたつもりです

    時間が足らないほど伝えることが多く
    言い換えれば それだけ会社は動き 変わったということ
    コロナ禍があったからこそ良い方向に進めたこともありました

    これからも
    新しくなっていく日常を受け入れ
    前向きに進むことが大切なのだと思います

    ミーティングの最後には社員からフリーの質問
    何名かに自身の仕事についても話してもらいました

    このミーティングは会社からだけでなく
    社員の考えを共有する場にもしていこうと思います

     

    四半期ミーティング「Beehive Meeting」

    Beehive(蜂の巣) 本社工場をイメージした紙のオブジェ

      
     

 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。