1. トップ
  2. 羽車について
  3. 羽車で働く 求人のご案内
  4. スタッフインタビュー

スタッフインタビュー

企画広報部 システム開発グループ 小島

スタッフインタビュー

こんな仕事をしています

私は入社7年目になります。主にWebサイト・社内システムの構築や改修の進捗管理や設計を担当しています。
具体的には、各部署の担当者から要望や指摘をヒアリングして、システム開発のメンバーが作業に取り掛かれるようにシステム設計に落とし込んでいきます。スケジュール組み、チーム内への作業指示といったディレクションが主な業務です。

入社して思ったより大変だったことは何ですか?そしてそれをどう乗り越えましたか?

前職では業務システムの構築に特化していたのですが、羽車では入社当初から様々な新しい経験を積むことになりました。
例えば、デザインに徹底的にこだわったwebサイト作りの経験は初めてでしたし、システム構築の際、複数部署からの要望や依頼を交通整理しながらまとめるのは、想像以上の労力を使いました。
さらには、紙業界独特の専門用語に苦戦し、生産管理の流れを把握するのにも時間を要しました。
私がとった対策は、とにかく他部署に出向いてとことん質問やヒアリングを行ったこと。
何度も何度も話を聞いていくうちに、少しずつ問題の整理が出来て、最終的には無事に新しい業務システムを完成することができました。

スタッフインタビュー

何を変化させたくて、転職を意識したのですか?

専門外の方からは意外かもしれませんが、システム開発は「ものづくり」そのものなんです。
ですから、羽車のものづくりにはとても魅力を感じました。
一般的にシステム開発会社では、様々な業界の出向先で開発するのですが、そのシステム開発が、誰のために何の目的で作るのか、正直あまり分からないのです。
どのような思いでシステムを作り、どうして直したいのか、それを肌で感じられる企業に転職したかったのです。
羽車が募集していた自社SEならそれが実現できるなと感じました。

どうやって自分をアピールしましたか?

まずは、システム開発における、私のものづくりの思いをお話したと記憶しています。
面接では「前職で失敗したこと」について聞かれたのが印象的でした。
それを言うべきか、言わないべきか。。迷いつつ正直にお話しし、それをどう解決したのかまでをできるだけ伝えました。
解決案を説明した事で、局面に立たされた時に自分がどのように行動するかを想像してもらえたと思います。

スタッフインタビュー

今のやりがいはなんですか?

0からシステム構築ができることです。それに尽きます。
メーカー企業として、社内全体のあらゆるシステムを開発するので、任せてもらえる範囲が広いんです。
責任やプレッシャーはかなり感じますが、同年代ではなかなか経験できない業務だと思います。

成長したと感じることは?

人に任せることが出来るようになったと思います。
以前の私は、自分でやったほうが「確実」とか「早い」と考えていたのですが、それではチームとして、会社として、必ずしも利益にはならないと気付くことができました。
特に今のシステム開発グループのメンバーが揃ってからは自分で開発することはほとんどなくなり、人に任せることで、俯瞰的な視点も身についてきたと思います。
個人プレーではなく、チームワークを意識して業務を進行できるようになれたことは大きな自信です。

スタッフインタビュー

羽車のどんなところが好きですか?

本当にいい人が多くて、面白いです。
こんなに良い雰囲気の会社は見たことがないほどです。
明るく楽しく働けるっていいことだなと感謝しています。

仕事に関する今後の目標は何ですか?

もっと紙製品のことを理解して、より分かりやすく使いやすいシステムを自発的に提案したいです。
受け身でのシステム開発では良くないですし、面白くないです。
積極的な提案をするために、もっともっと社内の事を学んでいかなければと思っています。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。